« 「砂の器」のロケ地、全焼 | Main | 風防人(かぜさきもり)という生き方 »

2022-06-25

5ドルあげるから、おウチで遊びなさい

就業中の”遊び”をどうするか?

エロパワーに裏打ちされた従業員の「努力」に、足の重い会社側が勝てるはずもなく、結局は強権発動でノーゲームになるのがオチだけど、Techdirt におもしろい取り組みが紹介されていたのを思い出した。

Techdirt:Company Car, Phone and ... Porn

この会社は従業員一人あたり、週に5ドルを「インターネット遊び賃」として支払うことにしたそうな。そのかわり、就業中のネットサーフィンは御法度。5ドルあげるから、家に帰ってから存分に遊びなさいというわけ。

妙な監視ツール入れたり、就業規則をガチガチに固めたり、そんなことするよりずっと「モチベーション」的に正しい対策だと思う。息抜きはほかにもあるしね。


「CNET Japan Blog - 梅田望夫・英語で読むITトレンド:雇用主と従業員のプライバシーをめぐる戦い」へのトラックバック


このおもしろい取り組みの会社についての元記事はこちら。
Aftenposten Norway, Norwegian news in English

05:31 午後 in Weblogs | Permalink | Translation powered by SYSTRAN

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://www.typepad.jp/t/trackback/20697

このページへのトラックバック一覧 「5ドルあげるから、おウチで遊びなさい」:

コメント
コメントをどうぞ。お名前だけで結構です。